第1回定例研究会

日時:2021年9月28日(火) 13:00- 16:00
場所:オンライン@ Zoom

テーマ:新たなコラボレーションの場としての「未来のくらしと水の科学研究会」 水は私たちのくらしに欠かせない。世界規模の地球環境問題、災害、衛生的で豊かなくらし、宇宙での新たな人類のくらし等、水に関わるテーマは多彩である。このような多彩なテーマに対して、様々な分野の企業や研究者が集い、交わり、一緒に考え、共同研究を行い、課題解決や新しい姿を提案していくことが求められる。本研究会は、そのための情報交換や交流の場、さらには研究開発の場を提供していくことで、新しいコラボレーションを生み出し、イノベーティブな成果を創出していくことを目的とする。




講演:


「未来のくらしと水の科学研究会」

東京大学   教授 高井まどか



「日本学術振興会水の先進理工学第183委員会における10年間の活動」

名古屋大学  助教 上野智永



「信州大学の”アクアプラス”エコシステムの紹介 ~信大クリスタルとエメラルドウォーター~」

信州大学   教授 手嶋勝弥



「東京理科大学ウォーターフロンティア研究センターの紹介」

東京理科大学 教授 元祐昌廣

第2回定例研究会

表面技術協会関東支部講演会合同開催
日時:2021年11月18日(木)
場所:オンライン@ Zoom(信州大学)

テーマ:水と表面処理 表面処理、中でも電解/無電解めっきといったウェットプロセスでは大量の水が使用される。ここでの水は一見、反応種や支持電解質を取り囲むだけのいわば環境としての役割を担うに過ぎないように見えるが、その一方プロセス製品の品質が使用する水の性質に大きく影響されるとの事実が広く知られるところとなっている。このため表面処理プロセスの成否は、水の働きをよく知り、水を適切に管理することが鍵を握る。また近年では環境負荷低減の要求も強く、水の適切な処理に対する配慮も欠かせない。こうした表面処理と水との深い関係に着目し本研究会では、表面技術協会関東支部と合同で講演会を開催、様々な材料表面における水の挙動の基礎的解析から、水のセンシング技術、そして水処理技術まで幅広く取り上げ、今後の表面処理プロセスの発展に資する知見を共有する。


講演:
<表協関東支部講演の部>
「ポリアミド系水処理膜の高機能化のための表面設計」

信州大学 佐伯大輔


「層状複水酸化物における陰イオンの選択的な吸着・分離~原子配列から層間水のはたらきまで~」

信州大学 簾 智仁


「低次元材料の表面と水」

信州大学 藤澤一範


<水の科学研究会講演の部>
「無電解析出プロセスの界面反応機構における水の働き」

早稲田大学 國本雅宏


「蛍光分光法を用いた水質分析とその応用」

株式会社 堀場アドバンスドテクノ 小島礼慈


「水まわりに使われるセラミックス表面の防汚・抗菌処理」

株式会社LIXIL 井須紀文

第3回定例研究会

マッチングセミナー
日時:2021年12月23日(木) 13:00- 16:00
場所:オンライン@ Zoom

研究会会員によるシーズ・ニーズのマッチングセミナーを開催します。学界会員のシーズや企業会員のシーズ・ニーズ等を共有し、研究会内の相互理解を深めることを目的としております。研究会への要望や興味ある対象についてお話頂いても結構です。皆様からの御発信をお待ちしております。

第4回定例研究会

共催:未来のくらしと水の科学研究会、東京理科大学ウォーターフロンティア研究センター(WaTUS)
日時:2022年3月7日(月) 13:20-17:30
場所:ハイブリッド(東京理科大学_神楽坂校舎森戸記念館&オンライン)

テーマ:親水・撥水処理された材料表面、バイオセンサーなど生体関連水溶液が微小流路内を流れるデバイス、また材料・デバイスの作成・洗浄時に欠かせない超純水の品質管理。これらの計測には、表面選択性・微小空間適用性・超高感度性など、さまざまな高性能が要求されます。今回は、東京理科大学ウォータフロンティア研究センター(WaTUS)の研究者の取り組みを中心に、これらの局所空間における材料・デバイスと水計測の関りについてご紹介し、身近なくらしを支える材料・センシングデバイス開発における水溶液計測に今後要求される課題を俯瞰していきます。



講演: 「WaTUS_センサー・可視化技術」

座長 東京理科大学 由井宏治



「汗や尿を用いた自己発電型バイオセンサーの開発と未来の暮らし」

東京理科大学WaTUS 四反田功



「マイクロ流路デバイス内の流れの可視化と制御~未来の暮らしを支えるセンサー基盤技術」

東京理科大学 WaTUS 元祐昌廣



「WaTUS_超高感度で水を計る技術」

東京理科大学 WaTUS 元祐昌廣



「水溶液中のシリカを計る~その産業的重要性と未来の暮らし~」

オルガノ(株)/ WaTUSアドバイザリー 矢野大作



「未来の摩擦・腐食・印刷の制御にむけて~材料表面の吸着水を計る最新の振動分光技術」

東京理科大学 WaTUS 浦島周平・由井宏治

第5回定例研究会

日時:2022年6月23日(木) 14:00-17:10
場所:JAXA 相模原キャンパス 
研究・管理棟(新A棟)2F/会議室A(1257)
(オンラインでも配信)




テーマ:未来のくらしと水 宇宙、海洋、原子力などは、今後の世界における日本の位置づけを決める上でも重要な分野です.また、このような極限的な環境では、水に関する研究課題も多くあります。 本研究会では、JAXA相模原キャンパスを訪問し、施設見学や研究会を通して主に宇宙における水の課題について議論し、また研究開発法人におけるオープンイノベーション事例について触れることで、新たな研究開発の方向性について探ります。



JAXA 施設見学


講演:
「国際宇宙探査とJAXA宇宙探査イノベーションハブ」
JAXA 宇宙探査イノベーションハブ 副ハブ長

坂下 哲也 氏



「食料生産に向けた水と空気から防藻効果のある液体肥料の開発」
東京理科大学 理工学部先端化学科 教授
同学 スペースシステム創造研究センター 光触媒国際ユニット長
同学 カーボンバリュー研究拠点副拠点長

寺島 千晶 氏


              

「研究開発法人におけるオープンイノベーション事例紹介」
株式会社フューチャーラボラトリー 代表取締役
日本原子力機構イノベーションハブ ハブ長
JAXA 宇宙探査イノベーションハブ 参事

橋本 裕之 氏